So-net無料ブログ作成
検索選択

FD2 シビックタイプR/RC79 VFR800F/サッカー/テニス/その他オタク成分による生存確認表明blog

C#,VB.NET ブログトップ
前の1件 | -

MSTest Pluginが気に入らない [C#,VB.NET]

次々と技術的かつ何も役に立たないエントリーを量産していく当ブログ,今回も同じシリーズ.

さて,JenkinsによるCI環境の構築を続けているが,ユニットテストの結果表示にMSTest Pluginを使用している.これ,テスト結果の表示には使いたいし使えるのだが,カバレッジ率の表示には使いたくない使えない.

カバレッジ率の表示にEMMAプラグインを使用している様なのだが,どうネットを探してもVisual Studio標準の診断アダプターによって出力されたカバレッジファイルを変換して使うケースしか無い.Visual Studio標準の診断アダプターとは,即ちMSDN Enterprise Editionというバカ高い開発環境にのみ用意されている機能である.

我が社は弱小企業なのでProfessional Editionしか用意がなく,カバレッジ率の測定にはフリーのツールであるOpenCoverを使用している.これをCoberturaに変換して使っているので,MSTestのPluginによるカバレッジ率表示は不要なのだ.

しかし,"Publish MSTest test result report"をビルド後の処理に追加すると「テスト結果の表示」と「カバレッジ率の表示」を選択することができず,どちらもダッシュボードに表示されてしまう.上記の通りMSTestの診断アダプターを持っていないため,カバレッジ率をEMMAに変換しようにもその元ファイルは無く,ダッシュボードにリンク先の画像が無いアイコンが表示されてしまう.

これがまーカッコ悪いのなんの.エンジニアが使うツールとは思えん.

解決方法としては「Enterprise Editionを社長に泣きついて買ってもらう」と「OpenCoverの結果からCoverturaではなくEMMAに変換する」があり得るが,前者は経済的に却下されるであろう,後者は探しても全然方法が見つからんので詰んだ.

と思っていたら海外ではxUnitのPluginに切り替える事によって解決したとある.今のMSTestをそっくり使えるかどうか,また検証しなければならなそう.気が重い.

ひと目でわかるVisualC# 2015 アプリケーション 開発入門 (マイクロソフト関連書)

ひと目でわかるVisualC# 2015 アプリケーション 開発入門 (マイクロソフト関連書)

  • 作者: 伊藤 達也
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/25
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
前の1件 | - C#,VB.NET ブログトップ
人気ブログランキングへ